医学部に進学するには予備校に通わなければならない

女の人

高校の入試形態

女の人

入試の対策とポイント

推薦入試は、主に大学や高等学校で行われる入試方法の一つですが、今回は高等学校における推薦入試の対策、ポイントを紹介したいと思います。高等学校の推薦入試の主な内容は、面接です。学校によっては、基礎的な学力を計る試験があったり、スポーツ推薦を取り入れている学校などでは、スポーツテストが実施されているところもあるでしょう。では、どのような人が推薦入試を受けることができるのかというと、比較的誰でも簡単に受けることができます。それまでの学校生活において、優秀な成績を収めている、もしくは生活態度が良好であれば、推薦をもらうことは可能でしょう。しかし、ここで安易に推薦入試を選ぶのは得策とはいえません。なぜなら、推薦入試には向く人と向かない人がいるからです。どのような人が推薦入試に向くかというと、それは一つの高校でやりたいことが明確な人と当日点は取れないが内申点が良い人です。この二つがあれば、面接や個々のスキルを重視する推薦入試では有利といえるでしょう。逆に、その高校でないといけない理由がなかったり、内申点が低いが、当日点なら取れる人は、一般入試のほうが有利です。さて、推薦入試に自分が向いていると思った方は、ここからどう対策をしていけばよいのでしょうか。もしも、面接だけの入試である場合、その学校の特色をよく知り、学校へ足を運び、自分の言葉でそれらを説明できるようにしておくのが良いでしょう。自分の中のアピールすべき点もよく考え、面接練習を繰り返しましょう。スポーツテスト、学力試験がある場合には、それに応じて入試対策の勉強を行うとよいでしょう。高校によっては、過去問を出しているところもあります。それらを解くのも、傾向を知ることができるという点で有効です。当日は焦らず落ち着いて、自分を十分にアピールできるように頑張りましょう。